気まま日記

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

誕生日!

もう目の前に大台がせまってきました。

11月22日  
最近は いい夫婦の日なんていいますが
昔は23日の勤労感謝の日の前日で
小学校では 遠足が多かったなあ

今日は誕生日割引のレストランで友達とランチ
f0109592_2283191.jpg

デザートのお皿に ハッピーバースデーとチョコレートで書いてくれました。

食事の後 神奈川県庁の屋上展望台へ
f0109592_22101671.jpg

天気は良くなかったけれど
上からみる日本大通りのイチョウの黄葉がとてもきれいでした。

県庁玄関から通りをみると
f0109592_22125666.jpg

これもちょっといいね

f0109592_2213276.jpg

通りからキングと呼ばれる県庁の姿をみる。
[PR]
by miikotarako | 2010-11-23 22:15 | 楽しい集まり

大きくなった!

久しぶりに 見たら
こんなに大きくなって
もう つかまり立ちもできそう、、、

f0109592_2158057.jpg


おいら お兄さんだから
ちゃんと立派に世話するんだ!
f0109592_21595442.jpg

ほら!お兄ちゃんと遊ぼ!   
ウィ君 いい子にしてて 偉いね!
[PR]
by miikotarako | 2010-11-23 22:02 | 未分類

祈り

先日 喪中葉書がとどいた


最近は 父が 母が という知らせが届き
毎年 悲しい思いの友人が何人かいて
そういう年頃(親をみおくる、、、)なんだと
複雑な思いがします。

そのはがきに書かれていたのは
妻**が永眠いたしました。と、、、

中学校高校と仲良く通った友の名前がありました。
卒業して 就職した彼女は 早くに結婚して
ご主人の転勤であちこちと移り住んで
あまり会うこともなくなり
ほとんど年賀状だけの 付き合いになってしまっていた。

子供たちもみんな結婚して
孫が何人かいて、、
年賀状で知る近況は
なんだかうらやましい状況でした。

はがきの内容を理解した時
血の気が失せて
しばらくして
涙があふれ 止まらなくなった。
どうしたの?本当なの?
今度帰ったら会いたいと思っていたのに、、、、、

電話で聞いたご主人の話によると
ここ何年か体調を崩していたと
誰にも言うなと言われていたと、、、

詳しいことはあまり分からないけれど
年賀状の文字が普通でないことに
今頃気づいた、、、
つらい体調のなか
一生懸命書いてくれたんだろうと
想像がつく。

花をおくりました。
わざわざ遠くからですが
群馬の 「花やねこじゃらし」さんに
素敵なアレンジを作っていただきました。
クール便で送ってもらいました。
明日あたり届くと思います。

f0109592_2225711.jpg


どうか 天国で安らかに
苦しさから解放されて
静かに 地上の家族を見守ってあげてください。

祈るしかない私です。
[PR]
by miikotarako | 2010-11-14 22:06 | 未分類

みいこ& たらこ

f0109592_2395516.jpg

珍しくのびのびの みいこ


f0109592_23104012.jpg

この季節なかよくくっついて、、、
f0109592_23113134.jpg




一日に一度はおっかけっこしてふーっ!!と喧嘩して
そして 一発猫パンチ
f0109592_2313158.jpg

[PR]
by miikotarako | 2010-11-11 23:13 | 犬、猫、動物

松江

10月31日7:40羽田発出雲行きJAL
息子2号のPTA仲間との年に一度の旅行、何回目かなあ??

今年は島根県松江 出雲 安来などを巡る 2泊3日

出雲空港に10時前につき レンタカーにのって まずは
キルト美術館に行きましたがまだOPENしていなくて
そこら辺を散策
f0109592_22593374.jpg

美術館前の田んぼは刈り入れがすんて 稲を干していましたが
こんな形の稲こづみ(?)はじめてみました。
近くの農家のかたにお聞きしたら
山陰は天気が不順で乾きにくいので なるべく広く日に当たるように
こんな形にするんだと、、親切に教えてくださった

松本清張の小説で 出雲弁が東北弁と似ている、、、ってのがありましたが
なるほど、、、と思うおばあさんおじいさんの言葉でした。
でも 出雲の人 本当にあったかくていい人が多いみたいです。

出雲そばを食べて 出雲大社へ
あいにく雨が降ってたりやんだりの天気になり、、、、でも
みんな 娘の縁 娘の縁 いいご縁がありますようにと
一生懸命お参りします。
f0109592_23121915.jpg

大国主命をまつる出雲大社は「大社造」と呼ばれる日本最古の神社建築様式
神楽殿のしめなわは日本一の大きさです

今流行りのパワースポットとしても人気があるようで
雨模様なのにかなりのひとでした。

夜は松江駅ビルの 市場食堂で海の幸をたくさんいただきました。
安くて美味!!

2日目
境港の水木しげるロードと境港の市場へ
f0109592_23224656.jpg

げげげの鬼太郎の登場人物のブロンズがたくさん通りの両側にありました。

食事の後 数の教室の友人あこたんの実家へ、、
毎年お母さんの誕生日に合わせて この時期帰省しているということで
97歳の元気なお母様と 芸術家ご夫婦のお姉さんんもお会いしたくて
伺いました。

おねえさんのギャラリーで おいしいぜんざい(お母様手作り)を頂き
楽しいお話を聞き 室内の素敵な椅子や家具(ご主人製作)藍の製品(お姉さま製作)
を見せていただき豊かな時を過ごすことができました。
97歳とはとても思えない元気でつややかなお母さん、、本当に理想のお年寄りです。
f0109592_23333135.jpg

寒いのに 外に出て見送ってくださった皆さんにかんげきしました。
夕日を見ようと慌ててお別れしたけれど 宍道湖には雲がかかって
夕日100パーセントなんてのを信じてがっかりでした。


玉造温泉に宿泊して
3日目は堀川めぐりと足立美術館
f0109592_23383099.jpg

堀川めぐりは 松江城のお濠を小さな船でめぐります。
低い橋の下をくぐるときは 屋根が下がって お客もみんな頭をさげて、、
歴史ある城下町がすてきな町です。


最後は足立美術館
8年連続日本一の日本庭園が自慢の 美術館
f0109592_23424140.jpg

四季それぞれに見事な庭のようです
まだ紅葉には早かったけれど 隅々まで手入れが行き届いていました。

横山大観の特別展開催中で 大観の素晴らしい日本画も堪能しました。

いつも車を運転してくれる2人に感謝!!
ちょっと腰を痛めていてつらそうだったSさんお疲れさまでした。
楽しい3日間 ありがとう!
[PR]
by miikotarako | 2010-11-07 23:53 |



毎日の暮らしの中で見つけたきれいなもの可愛いもの心動かされたものを気ままに日記にしてみます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
検索
タグ
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧